だご汁街道とは - 阿蘇市商工会


だご汁であいびと

阿蘇の郷土を語る「だご汁」 こだわりの味をお楽しみ下さい。

img_07.jpg

あそん「だご汁街道」とは

img_03.jpg

阿蘇市は熊本県の北東に位置し、西の玄関口「赤水」~東の玄関口「波野」まで、国道57号線を軸として一本の線でつないでます。

その国道沿いと周辺地域には今でもおいしいだご汁を食べさせてくれるお店が沢山あります。阿蘇伝統の「おふくろの味」を沢山の人に伝えたい!

「だご汁」を通して阿蘇の自然豊かな食材に触れて頂きたい!
そんな思いから、今回、「あそんだご汁街道R57」が誕生しました。国道57号線を軸とした阿蘇市のそれぞれのお店が、阿蘇の食材をふんだんに使った、こだわりのだご汁をご提供いたします。

この機会に是非、阿蘇伝統の「だご汁」をご賞味下さい!

だご汁の歴史

img_02.pngだご汁とは、簡単にいうとだんご(だご)を浮かべた汁物です。
朝から晩まで農作業で忙しく、食事の手間をなんとか省きたい農家の人たちが、すばやく簡単に調理でき、なおかつ自家製野菜などを入れ、最後にだごを入れて食べる栄養バランスも腹もちもよい、一石二鳥の料理として古くから親しまれています。

今でも九州を代表する料理ばい。


ちなみに、阿蘇の◯◯(固有名詞)と発音するとき、熊本弁(阿蘇弁)では一般的に「阿蘇ん◯◯」と発音します。
たとえは、阿蘇の人々のことを「あそんもん」と呼びます。
今回の「あそんだご汁」という名称はそういった意味から生まれています。

ページの先頭へ